[ドイツ在住者が語る]ドイツと日本、どちらが気を遣う?

ドイツ留学、お仕事

[ドイツ在住者が語る]ドイツと日本、どちらが気を遣う?

こんにちはドイツ太郎です

本日は、先日コメントをいただいたドイツ人と日本人どちらが気を遣うかについてお話ししたいと思います。これは正直言ってシチュエーションによって大きく変わると思うので他人、友達、仕事仲間、女性に対してなどに分けて説明したいと思います。

[ドイツと日本、どちらが気を遣う?]他人に対して

こちらは日本人相手の方が気を遣いますし、日本人の方が気を遣ってくれるかなと思います。言い換えると日本の方が公共の場ではマナーがいいかなと思います。

例えばドイツでは電車の中でもビールを飲んで騒いでいるのは珍しくありませんし、特にサッカーの試合などの後には全員で合唱しています。笑 日本じゃ考えられませんよね。周りのドイツ人もしょうがねぇなぁと言う感じで考えていると思います。

パーティーピーポーにとってはドイツの方が過ごしやすいかもしれません。

ただ、ドイツ人が他人に対して全く興味がないと言うわけではありません。逆に日本人の方が冷たいと思います。例えば誰か困った人がいた場合ドイツ人は自分から積極的に助けに行きます。

電車なども日本では車椅子の方などの乗車補助は駅員さんが行うと思いますが、ドイツでは一般の人が率先して助けに行きます。そういうところはドイツ人の素晴らしいところで日本人が学ぶべきとこだと思います。

[ドイツと日本、どちらが気を遣う?]友達に対して

こちらはどっちもどっちと言う感じですかね。日本人に対しての方が気を遣う場合もありますし、ドイツの場合相手の宗教上の理由等が大きく関係するので下手な事は言えないなと言う気の遣う方はあります。

ただドイツ人も、日本人のような外国人には気を遣ってくれるので、本格的に喧嘩などに発展することは少ない印象です。ドイツ人と仲良くなるためには喧嘩した方がいいと言う人がいるかもしれませんが、100%負けると思うのでよっぽどなことがない限り喧嘩しないほうがいいです。笑

[ドイツと日本、どちらが気を遣う?]仕事仲間に対して

こちらは気を遣いませんし、逆に相手も気を遣ってくれないと思います。ドイツ語には日本語のような敬語というのがあるのですが仕事関係では、敬語は上司に対しても使わないことが多いです。全員がフラットと言う感じですね。

たとえ新人であっても自由意見を述べることができるので活発な議論を日頃行なっています。遠慮していては自分の仕事が進みませんね。日本のように指示をするだけの上司はいないかなと思います。

気を遣って何も言わない方がダメだと思われるので気を使わずいきましょう!ただリスペクトを欠いての行動と言うのはどこの国でもダメだと思うので常識的な行動に抑えましょう。

[ドイツと日本、どちらが気を遣う?]女性に対して

これはレディーファーストのことについて述べていきたいと思います。自分の想像では海外はレディーファーストが浸透していると思っていましたが、ドイツでもそうだと思います。ただ私の感覚としてはドイツ人はとても優しくレディーファーストと言うよりかは誰に対しても相手に譲ると言う気持ちがある気がします。スーパーなどでも自分が大量の買い物をする予定で、後ろに並んでいる人が少なかった場合譲るのが礼あ儀です。ただ、これはプライベートや街中のことに限定するかなと思います。仕事上やお金が絡んだりする事は絶対に譲らないことも時にはあります。笑

 

以上述べてきましたが全体として言えるのは言葉が通じるか通じないかで大きく違います。こちら言葉が通じないと気を遣う、遣わない以前の問題なので仲良くもなれません。

 

コメント

  1. パタヤ より:

    取り上げて頂きありがとうございまーーーす!!

  2. 与田監督 より:

    スープ、ラーメンをすするのはドイツでNGと聞いたのですが、それ以外に音を立ててしまうと良くないものはありますでしょうか?

    • ドイツ 太郎 ドイツ 太郎 より:

      マナー違反はいろいろありますね、明日にでもまとめてみますね。ありがとうございます。

  3. 小笠原2軍監督 より:

    以前のブログで、お辞儀は意味がないと紹介してくださいましたが、ということは勿論、土下座も意味が無いって事ですよね?笑

タイトルとURLをコピーしました