[ドイツ在住者が贈る]ドイツ留学、駐在への準備、この記事を見れば大丈夫!

ドイツ留学、お仕事

[ドイツ在住者が贈る]ドイツ留学、駐在への準備、この記事を見れば大丈夫!

こんにちは、ドイツ太郎です。

本日は、「この記事を見ればドイツへの留学、駐在への準備は安心」という記事を書いていきたいと思います。それぞれの準備への大きな流れを追いながら、細かいところは参考になる過去記事を紹介していきたいと思います。それでは以下の項目別に見ていきましょう!

[ドイツ留学、駐在へ向けて]日本にいる間にやること

ここでは、ドイツに出発する前に日本でやっておくべきことを紹介します。航空券などの簡単なものから、入学証明書や労働契約書などの必要書類など、用意するものは少なくないので、少なくとも二ヶ月前までには準備し始めてください。もちろん、荷造りは出発直前で問題ないですよ。

パスポートの取得

パスポートがないと何も始まりません。必ず、日本に帰国するまでの日にちまで有効なパスポートであるかを確認してください。途中で有効期限が切れると非常に面倒です。

パスポートは、海外では身分証明書になりますので無くさず、携帯するようにしてくださいね。ドイツの治安は悪くはないですが、スリは多いので物はよく無くなります。

パスポートの取得についてもう少し詳しく知りたい方は以下の過去記事も参考にしてください。

パスポートは残存期間に注意!ドイツ旅行に向けてパスポートを申請しよう
ドイツはじめ、ヨーロッパに旅行に来る方に向けて、パスポートに関する注意事項、申請方法を紹介します。特にパスポートの残存期間についは注意してください。

ドイツへの国際航空券の取得

パスポートを取得したら次は国際航空券を取得しましょう。

国際航空券は航空会社のホームページに行けばご自身で購入することができます。

ドイツには、羽田空港や成田空港から、ミュンヘン空港やデュッセルドルフ、フランクフルト空港などに直行便があるので、できれば直行便を選んでください。経由便だと経由空港でトラブルがあったり、乗り継ぎで何時間も待たされたりするので直行便をお勧めします。

ちなみに自分はいつもANAを利用しています。ANAの国際航空券のとり方については以下の過去記事で参照してください。

ドイツ在住者がお勧めする国際航空券の取り方〜安い時期はいつ?〜
海外旅行で一番の出費、航空券の取り方について説明いたします。片道航空券と往復航空券の値段の違いや、航空券が高くなる時期などを解説しています。

必要書類の準備

留学先の大学や、働き先の会社などによっていくつか書類を用意しなければいけません。大学や高校の卒業証明書や、戸籍謄本、出生証明書、結婚している場合は結婚証明書などだけでなく、ドイツで所属する大学や会社の入学証明書や労働契約書などが必要です。

大切なことは、それらの書類は全て英語かドイツ語で書かれてなくてはいけないということです。日本語で用意した書類を専門的なところで翻訳しないといけないので注意してください。各種書類の準備や翻訳の仕方については以下の過去記事を参照してください。

[経験者が語る]ドイツ留学、駐在に向けての必要書類
ドイツでビザの申請や会社と労働契約を結ぶなどするときに、戸籍謄本や結婚証明書、出生証明書などが必要になります。これらのドイツ語への翻訳の仕方などについてまとめました

[ドイツ留学、駐在へ向けて]ドイツへの出発当日持ち物チェックリスト

ここでは、出発時の荷造りについてです。チェックリストとしてぜひ参考にしてください。

・パスポート

・航空券または引換券等

・着替え

・クレジットカード

マスターカードやビザカードは使える店がありますが、アメリカンエクスプレスは使えないところが多いです。クレジットカード自体使えないところも多いので現金を持っていき、ユーロに換金することをおすすめします。ドイツでは、日本よりもカード社会かなと思います。

・海外で使える携帯

必須ではありませんが、道に迷ったときなどのためにネット環境は大事です。ドイツでもwifiは通っているところも多いですが、完璧ではありません。携帯事情などについては以下の過去記事を参考にしてください。

ドイツ在住者が語るドイツの携帯、Wifi事情〜ドイツはWifiが充実していない!?〜
ドイツ在住者が、ドイツの携帯電話やWifi事情についてお話しします。ドイツで使える携帯会社やWifiの充実度などを紹介いたします。

・酔い止め

乗り物に酔いやすい方は必須です。

・労働契約書などの必要書類

とりあえず、こんなところでしょうか。ガイドブックなどもあったほうが便利ですが、こちらのサイトで十分だと言えるくらい今後充実させたいと思います。乞うご期待!!

[ドイツ留学、駐在へ向けて]日本からドイツへ向けて出発

続いては、日本からドイツへの長時間のフライトです。長時間のフライトは不安かもしれませんが、私がおすすめする対処法です。

1 酔い止めを飲む

長時間のフライトの間に酔ってしまったら大変です。酔いやすい方はぜひ飲んでください。更にいいことは、酔い止めを飲むと眠気が出てくるので、12時間寝ていることもできます。長時間のフライトで一番の過ごし方は寝ることだと思います。

2 席は中央の列の通路側に座る。

長時間のフライトで困ることは、トイレに行きたいときに隣の人が寝てしまっている場合です。わざわざ起こさなければならず、気も使いますよね。通路側に座っていたらその心配ありません。

もう一つ嫌なことは、逆に起こされることです。飛行機は大抵、三人席が三列あると思います。この場合、右か左の列の通路側に座ると二人の方に起こされることになります。そこで、中央の席の通路側を選びましょう!

起こしてくる人が真ん中の一人だけになりますし、自分が寝ていた場合、真ん中の人は自分とは反対側に座っている人の方からトイレに行ってくれます。(両方寝ていた場合、起こされる可能性がありますが、確率は低くなると思います。)

そんなこんなで長時間のフライトを乗り越えてください。 

[ドイツ留学、駐在へ向けて]ドイツに到着当日

ドイツへの入国審査

日本からドイツへの長時間のフライトの後、一番初めに待ち受けている関門は入国審査です。海外旅行に慣れている人でさえ入国審査は嫌なものです。

ただ、旅行者としてきて、3ヶ月以上滞在しないよという方はまず問題ないですが、3ヶ月以上対する予定の方はビザなしでは滞在できません。入国審査ではドイツに入国してからビザ申請する旨をお伝えください。

日本人は無害であることはドイツ人はわかっているので聞かれることも少なく、場合によっては無言で通してくれます。聞かれることや、私のはじめての入国審査体験談などは以下の過去記事にも書いてありますのでぜひ参考にしてください。

経験者が語る:ドイツへの入国審査は厳しい?ビザなしでも入国できる?
ドイツへの入国審査について私の体験を元に解説しています。ドイツへの入国は厳しい?ビザが必要?英語が喋れないとダメ?など解説します。
ドイツ在住者が教えるドイツ入国審査対策〜どんなことが聞かれるの?〜
ドイツ在住者が、ドイツへの入国審査について知っておくと良い情報を教えます。覚えておくべき英語フレーズも紹介しています。

ドイツの電車やバスに乗って滞在場所の住居へ

ドイツに無事到着し、入国審査を乗り越えたら次は滞在先の住居まで移動しなければいけません。住居については、会社や学校が準備してくれた場合は簡単なのですが、部屋が狭くシェアハウスである場合が多いです。もし、ドイツで新しく住居を探す場合はとても大変です。住居探しの予定がある方はぜひ以下の過去記事も参考にしてください。

経験者が語るドイツでの住居探しの大変さ~日本人には大変?~
ドイツ在住者が経験をもとにドイツでの住居探しについて話します。日本と違ってドイツでの住居探しは本当に大変でした。お早めの準備をお勧めします。

ドイツの電車のシステムは日本と違います。まず、驚くこととしてドイツには改札がなく、切符無しでプラットフォームまでいけ、電車に乗れてしまいます。ただ、切符を買っていないと検察の人が来て罰金を取られてしまいます。

うっかり無線乗車にならないようしっかり切符を買ってから電車に乗ってください。

ドイツの列車は日本ほど時間に正確ではありませんが、システム自体は難しくありません。DB(ドイツ鉄道)のアプリをダウンロードして電車を調べるとわかりやすくていいと思います。他にもお得な切符の買い方などは以下の過去記事で紹介しています。

ドイツ在住者がドイツでの切符の買い方を紹介[旅行者にはジャーマンレールパスがオススメ]
ドイツ在住3年目を迎えた私ドイツ太郎が、ドイツでの切符の買い方を説明いたします。わかりやすく、DB(ドイツ鉄道)のサイトを見ながら説明します。

[ドイツ留学、駐在へ向けて]ドイツでのビザ申請に向けて

ドイツの銀行口座の開設

自分が滞在する場所に到着したら用意することがたくさんあります。まずは、ドイツで使える銀行口座を開設しましょう。私のオススメはSparkasseという銀行です。ドイツの至る都市にATMがあり、デビットカードもどこでも使えるのでオススメですよ。

ドイツの銀行やデビットカードについては以下の記事にも書いてありますのでぜひ参考にしてくださいね。

ドイツ在住者が語るドイツはカード社会?〜カードや現金は使える?〜
本日はドイツの銀行や、お金事情、現金やカードについてお話しします。ドイツに旅行、留学などで来る方に向けて買い物に困らないようにまとめていきたいと思います。

ドイツで有効な保険、ビザ申請にも必要です

もし病気になってしまったらどうしたら良いでしょうか?健康は一番大事なので、ドイツで病気になってしまった時はすぐに病院に行ってください。ドイツの病院の制度など、医療に関しては以下の過去記事も参考にしてください。

ドイツ在住者が語るドイツの医療事情~ドイツのレベルは世界トップ?~
ドイツ在住者がドイツでの医療事情についてお話したいと思います。 ドイツで通院した経験などから日本とドイツの医療についても比較していきます。

ビザの申請

続いては、最大の関門ビザの申請についてです。ドイツについたら何よりも先に準備に取り組んでください。スムーズに行けば一ヶ月ほどで取得できますが、場合によってはビザなしで滞在できる3ヶ月を超えてしまう場合もあるのでご注意ください。

ビザの申請については以下の過去記事に詳しく書いてありますので、こちらもぜひ参考にしてください。

[経験者が語る]ドイツでのビザ申請~ビザ申請には何が必要?~
ドイツに長期滞在する方にとっての大きな関門「ビザ申請」について説明します。日本で準備しないといけないものもあるので忘れずに準備してください。
[経験者が語るドイツビザ申請]ついにドイツでのビザ申請当日を迎えました
ドイツでのビザ申請について、私の体験を元に記載しています。役所の方はドイツ語を容赦なく使ってくるので、必ずドイツ人を連れて行くと良いでしょう。

ドイツの留学、お仕事について

ここからは、ドイツでの留学やお仕事について書いていきたいと思います。

私は、ドイツに来て最初の数ヶ月ドイツ語学校に通っていました。仕事上ドイツ語が必須ではないのですが、せっかくドイツに来たのなら挨拶などの簡単な日常会話はドイツ語を使おうと思っていたのです。大人になってからでも新しい言語を学ぶことはとても楽しいですよ。

実際、簡単なドイツ語を使うとドイツ人の同僚は喜んでくれます。ドイツ語学校についてもう少し詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

ドイツ現地でのドイツ語学校体験記~殻を破ろう~
本日は、初めてドイツ語の授業をドイツで受けたときのことを話したいと思います。現地での語学学校は日本語に頼ることができずハードですが楽しかったですよ!

ドイツ人の仕事に対する考え方

ドイツ人のお仕事についてですが、日本人の働き方と本当に違います。日本人はとても労働時間が長いですが、ドイツは日本に比べるととても短いです。ただ、ドイツは効率が高く、一時間あたりの仕事量はドイツ人の方が高いと思います。

効率の良さは世界でもトップですね。ドイツ人の働き方については以下の過去記事もぜひご覧ください。

[ドイツ在住者が語る]ドイツ人の仕事に対する考え方
本日はドイツ人の仕事に対する考え方について説明します。日本人とドイツ人の働き方は大きく違います。将来ドイツで働きたいという方に少しでも参考になればと思います。

ドイツなど海外で起業したい方へ

ドイツはじめ、海外で起業することは日本で起業することよりもはるかに大変だと思います。言語だけでなく、その国の文化や民族性などいろいろ考慮しなければいけません。それでも海外で起業する方は私ドイツ太郎全力で応援しています。私は、令和の虎チャンネルという番組が大好きなのですが、その中でトルコで商店を開きたいという神谷さんに非常に注目しています。詳しくは以下の過去記事をご覧ください。

「令和の虎出演」トルコにリトル福岡を作りたい神谷周平さんドイツから応援します
今回の志願者は、トルコで事業をしたいという神谷さん。私ドイツ太郎もドイツで仕事をしていますので、海外で事業をしたいという志願者は応援したくなります。

ドイツでの日常生活

ドイツでは、日常生活も日本と大きく異なります。ドイツ生活を少しでも安心に、楽しめるように説明しますね。

ドイツのイベント イースター

日本でも最近話題になっているイースター。毎年三月から四月はイースターでドイツも盛り上がっています。ドイツではイースターの周辺では連休になっており、皆さん心から楽しみにしています。イースターについては以下の過去記事でも紹介していますのでぜひご覧ください。

ドイツ在住者が語る[イースター]ドイツではイースターはクリスマスより重要?
ドイツではクリスマスより大事な日とされている「イースタ」そもそもイースターとは何かを説明し、ドイツでのイースター事情を説明します。

ドイツの祝日 メーデー

ドイツでは5月1日はメーデーとして祝日です。ドイツ人の仕事に対する考え方は日本と大きく違うので、この日はデモなどが行われることも多々あります。安全な距離を保ちながら見学するのも面白いかもしれませんよ。メーデーに関しては以下の過去記事で詳しく述べています。

メーデーについて~日本では令和元日ですね~
メーデーについて書きたいと思います。5月1日はドイツではメーデーとして祝日なのです。

ドイツの釣り時事情

日本人の方で、釣りが趣味の方は多いかと思います。ドイツに来たら釣りをするときは注意してください。ドイツでは、車の運転同様釣りをするのにも免許が必要なのです。知らずに釣りをして無免許で捕まらないように注意してくださいね。ドイツの釣り事情については以下の過去記事も合わせてご覧ください。

ドイツ在住者が語るドイツの釣り事情~ドイツでは釣り免許が必要?~
ドイツ在住三年目を迎えた私ドイツ太郎が、ドイツの釣り事情についてお話しします。なんとドイツでは、車の運転同様、釣りをするにも免許が必要らしいのです。知らずに釣りをして無免許で捕まらないように注意してくださいね!

ドイツの食事事情

日本と違うもので困るものはやはり食生活です。主食はパンですし、水は軟水ではなく硬水です。また、レストランなどのシステムも違い、初めのうちは困るかと思います。ドイツの食事事情については以下の過去記事も合わせてご覧ください。

[ドイツ在住者が語る]ドイツのお食事事情
今日はドイツでのお食事情についてお話ししたいと思います。食事というのは海外に来るときに最も気になることの一つですよね。

ドイツでのタブーやマナー違反

また、ドイツには日本と違うタブーやマナー違反があります。日本で許されてもドイツでは許されないこともたくさんあり、いつの間にか嫌われないように以下の記事もぜひ眼を通しておいてください。

[ドイツ在住者が語る]ドイツでのタブー、マナー違反
ドイツ在住者がドイツでのマナー違反やタブーについてお話しようと思います。今日はクイズ形式でお送りします。皆さんがドイツの常識どう思いますか?

ドイツ人あるある

ドイツでは許されても日本では許されないこと、またはその逆もたくさんあります。ドイツに来て皆さん驚くことなどをあるあるネタとしてまとめました。詳しくは以下の過去記事をご覧ください。

[ドイツ在住者が語る]ドイツ人あるある9選〜日本人と似ている?〜
今日はドイツ在住者の観点からドイツ人あるある9選を紹介していきたいと思います。皆様に少しでも笑いを届けられたらと思います。

ドイツ人と日本人どっちが気を遣う?

ドイツに来る前までは、日本人はとても他人に対して気を遣うが外国人はそうでもないのでは?と言う印象を持っていました。しかし、この考えはドイツに来てから間違えだと気付きましたね。気の遣い方も大きく違いますので、詳しくは以下の過去記事をご覧ください。

[ドイツ在住者が語る]ドイツと日本、どちらが気を遣う?
ドイツ在住3年目を迎えた私ドイツ太郎が、ドイツ人と日本人どちらが気を遣うかについてお話ししたいと思います。

ドイツと言えば何?話題に困った時はこれ

最後は余談ですが、皆さんドイツ言えば何を思い浮かべますか?ツイッターでもお尋ねしたのですが、やっぱりビールや車、ソーセージですよね。これらについては以下の過去記事に紹介しているのでぜひ合わせてご覧ください。ドイツに来て困ることは話題です。とりあえず紹介した内容はスッと言えば会話は続くかなと思います。

[ドイツ在住者と語ろう]ドイツと言えば何?~やっぱりビール?~
「ドイツと言えば何?」についてお話したいと思います。特に意見の多かった、ビール、ソーセージ、サッカー、車について説明します。

それでは、ドイツ生活に向けてしっかり準備してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました