[ドイツ在住者が語る]ドイツでよく使うドイツ語フレーズ10選

ドイツ旅行

[ドイツ在住者が語る]ドイツでよく使うドイツ語フレーズ10選

みなさんこんにちは、ドイツ太郎です。

本日はドイツに来た時に知っておくと良いフレーズ10選を紹介したいと思います。初心者の方向けに書いていこうと思いますので、少しでもみなさんのお役に立てればと思います。それではドイツ語を学んでいきましょう!

1 Hallo ハロー (こんにちは)

ドイツ語ではHelloではなくHalloと書きますが、発音は同じです。とても良く使います。

日本語訳では「こんにちは」ですが、朝、昼、晩、いつでも使います。また、呼びかけるときにも使います。(やあ。というかんじですかね)

ドイツではお店などに入るときも客、店員ともにハローと言います。黙って店に入って品物を見ていると不審に思われるのでご注意ください笑

2 Morgen モアゲン (おはよう)

丁寧に言いたい場合はGuten Morgen (グーテン モアゲン)と言います。よくドイツ語の初心者で、グーテンモルゲンという人がいますが、Rの後ろにUがないのでルと発音すると通じません。ドイツ北部の方ではMoin(モイン)とも言います。言ってみると面白いかもしれませんね。

お昼にはGuten Tag (グーテンターク)、夕方にはGuten Abend(グーテンアーベント)と言います。ちなみにおやすみはGute Nacht(グーテナハト)です。

3 Danke ダンケ (ありがとう)

こちらもよく使いますね。日本のありがとうの感覚で使いましょう。ニコってスマイルをしながら「ダンケ」と言うとさらに良い印象を与えます。

ドイツではスマイルがお辞儀の代わりになるので覚えておきましょう!(ちなみにドイツではお辞儀は意味を成さないです。。)

4 Bitte ビッテ (どういたしまして)

ドイツ人はDanke と言われたらすぐにBitteと言います。日本では「どういたしまして」というと少し押し付けがましく感じるかもしれませんが、ドイツでは必ず言いましょう。

また、英語のPleaseの意味もあるので、店で注文するときに欲しいものを指しながらBitteといえば大丈夫です。席を譲る時など「どうぞ」というときもBitteは使えるのでどんどん使っちゃってください。

5 Tschüss!チュース または Ciao!チャオ (さよならー)

ドイツ語で別れを言うときは「チュース」や「チャオ」をよく使います。他にもいろいろいい方はありますが、とりあえずこの2つを覚えておけば問題ないです。

上司に対してや、初対面の方に言っても失礼ではないのでどんどん使いましょう!オードリーの春日さんが使う「トゥース」ではないのでご注意を笑

6 Wie geht’s ヴィー ゲーツ 元気?

親しい仲や友達に使います。ヴィーは英語ではVの発音なので、下唇を噛みながら言うと良いです。上司や初対面の方にはWie geht es Ihnen?(ヴィー ゲート エス イーネン?)と言いましょう。

答え方はしては、丁寧にはEs geht mir gut, danke.(エス ゲート ミア グート ダンケ)ですが、Gut, danke.(グートダンケ)と答えておけば大丈夫です。Gutはドイツ語でGoodのことですね。

7 Ich heisse OO  イヒ ハイセ OO (OOといいます。)

自己紹介の機会があったらこう言いましょう。経験上日本人の名前は一発で聞きとってもらえない事が多いのでゆっくりはっきり言いましょう。あと、ハイセを間違えてハッセ(hasse)と言わないようにしてください、「私はOOが大嫌い」と言う意味になってしますので笑 

まあドイツ人も汲み取ってくれると思いますが、みんながみんな優しいわけではないので。

8 Ich komme aus Japan. イヒ コメ アオス ヤーパン (日本から来ました)

英語ではI’m from Japan.ですね。どこから来たの?とよく聞かれるので使えると良いです。ドイツ人には日本人も韓国人も中国人も全く同じに見えるらしいので、よく「ニーハオ」と言われます。笑 

そう言う時にこの言葉をよく使う印象です。一回だけ「ナマステ」と言われたので、それはインドだと否定しておきました笑

9 Entschuldigung. (エンシューディグング) すみません

覚えにくいですよね。覚えられないはSorry (そーりー)でも問題ありません。

人とぶつかってしまった場合や、通してほしい場合などで使いましょう。「ちょっとごめんねー」と言う時に使ってみると良いです。

10 Guten Appetit (グーテン アペティート) 召し上がれ

友達などと食事に行った場合に使います。日本のように「いただきます」と言う表現はありません。誰かにGuten Appetitと言われたら、Dankeと言って食事すると良いでしょう。

今日は基本的なフレーズを10個紹介しました。

こちらの記事は以下のyoutubeでも取り上げていますのでぜひ合わせてごらんくださいね。

ドイツに来た際はぜひ使ってくださいね!

コメント

  1. ペタジーニ より:

    「いただきます」と言う表現が無いのは大変驚きましたね!

  2. 明治神宮「ヤ」球場 より:

    ちょうど今、オードリーさんのバラエティー番組を見ていたところだったので、トゥース笑いましたw

    • ドイツ 太郎 ドイツ 太郎 より:

      春日さんがトゥースといった後に帰っていったらそういう意味なんですけどね笑

  3. パタヤ より:

    人と接する中で、
    ドイツと日本、
    どちらの方が気を使いますか???

タイトルとURLをコピーしました