[ドイツ在住者が語る]ドイツの教育システムについて

ドイツ留学、お仕事

[ドイツ在住者が語る]ドイツの教育システムについて

こんにちはドイツ太郎です。本日はドイツ在住3年目の私ドイツ太郎がドイツの教育システムについてお話ししたいと思います。日本と大きく違いますので興味深いかなと思います。

 

日本では、幼稚園や保育園を卒園した後、小・中・高等学校と続き大学に進学すると思いますが、ドイツでは小学校入学後大きく進路が変わります。それではそれぞれ説明したいと思います

(Kindergarten)キンダーガーテン

これはいわゆる保育園や幼稚園です。基本的には6歳位までいて、小学校に進みます。中にはキンダーガーテンで既に英語を学ぶ子供もいるようで、ドイツ人の英語力の高さが伺えます。

(Grundschule)グルンドシューレ

いわゆる日本で言う小学校ですが、日本と違うのは4年間しかありません。また基本的には6歳から入学しますが、入学を1年早めたり遅らせたりすることもよくあることだそうです。日本では入る年齢が決まっていて、言葉が遅い子などは特別学級に入れてしまう等の問題がありますが、ドイツでは1年遅らせます。そこが日本の良くないところかなと感じております。また、ドイツでは小学校から留年が存在するらしく、年齢は本当に気にしていないみたいです。さらに小学校4年生の時にこれから説明する3つの学校のどこに行くか選択しなければいかず(学校の先生に、どこどこに行ったほうがいいと勧められるらしいです)、子供には厳しい世界だなと感じます。

Gymnasium(ギムナジウム)

日本で言う中学校や普通科の高等学校です。ギムナジウムを卒業すると大学入学資格を受けることができ、基本的には卒業資格を持った人はどこの大学に入ることもできますが(ドイツでは大学別に難易度の差はなく、パリ大学やケンブリッジ大学のような超一流大学はありませんが、どこの大学もレベルが高いです)、有名な大学だと高校時代の成績が悪い場合入れてもらえない可能性もあるみたいです。日本で言うと大学入試を浪人したりすることは基本的にはしないみたいです。

Realschule(レアルシューレ)

難易度的にはギムナジウムの次らしいです。職業訓練をメインに行う学校で、日本で言えば農業高校や商業高校のようなものですかね。レアルシューレを卒業しても、先に述べた大学入学資格の試験を受ける資格がないらしく、大学に入ることができないようです。ただ、時間はかかりますが、途中からギムナジウムに編入することもできるらしいです。

Hauptschule(ハオプトシューレ)

難易度的にはレアルシューレの次らしいです。年数も上の二つに比べると少なく、ほとんどの場合、15歳程度でレアルシュールの卒業生は就職をするようです。日本で言えば中学校卒業といった感じですかね。ハウプトシューレからギムナジウムへの編入はとても難しいみたいです。小学校4年生までの学力で将来を大きく決められてしまうのは少しかわいそうですね。。

Universität(ウニヴァシテート)

ドイツの大学は基本的には3年(6学期)です。学年ではなく一年で前・後期2学期と言う単位で呼び合うみたいです。(俺今回で5学期目だよー、という感じですね。)文系の方で大学卒業後就職したい場合、ドイツではインターンシップをやらなければいけません。日本とは違い数ヶ月、戦力として働くことが基本ですので結果的に3年で卒業できない人が多いみたいです。理系の場合はそのまま大学院へと入学するので3年で卒業する人も珍しくありません。ちなみに修士、博士課程はそれぞれ2年、3年です。大きく違うのは博士課程までドイツの学生は入学金や授業料を払う必要はなく、また州によっては州内の電車が無料になります。学生はとても恵まれていますね。もしドイツの大学に入学したい場合C1レベルのドイツ語が必要ですのでしっかりドイツ語を勉強しておいてください

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました