ドイツ現地でのドイツ語学校体験記~殻を破ろう~

ドイツ留学、お仕事

ドイツ現地でのドイツ語学校体験記~殻を破ろう~

こんにちはドイツ太郎です。

本日は、初めてのドイツ語の授業を、ドイツで受けたときのことを話したいと思います。

私は、ドイツに来るまで一切ドイツ語の勉強をしてこなかったので、ドイツに来てから数日後にはじめてのドイツ語授業を受けました。

クラスは当然A1.1のビギナーコースです。先日のブログでも記しましたが、A1.1のクラスでは初めは英語で授業を行います。

A1などのドイツ語のレベルについては、以下の過去記事をご覧ください

[ドイツ在住者が語る]ドイツでのドイツ語資格A1やB2って何?
ドイツ在住者がドイツ語の資格のランクについて説明します。日本では、ドイツ語検定1級とか2級に値する資格ですが、ドイツ含めヨーロッパではA1やC2と表します。

ドイツ語学校、教室入室

初めて教室に入ったときは、授業開始の10分前に入ったのですが、すでに何人か先着がいましたね。

イラン、韓国、タイからの若い方たちでしたね。これからもよろしくね、と英語で挨拶すると他のみんなの英語のうまいこと。ほとんどペラペラでした。。

ドイツ語の授業を受ける前に英語で撃沈した私ですが、なんとか気を保ちます。

授業開始する頃には10人程度集まってきたでしょうか。日本人の方はいらっしゃらなかったですね。これはいいのか悪いのか。。最初は心細かったですが、結果日本語に頼らなくて良かったかなと感じています。

アルファベット

アルファベット

ドイツ語学校での授業開始

先生が「グーテンターク」と元気よく挨拶して登場。

その後はすべて英語で説明していきます。初日はレクリエーションという感じで英語で授業のシステム等を説明してくれました。

一通りの説明を終えた後、ドイツ語での自己紹介の仕方を教えてくれ、一人ひとり自己紹介していきました。

 

Ich heisse Doitsutaro. (私の名前はドイツ太郎です。)

Ich komme aus Japan. (日本から来ました。)

 

といった感じで。

はじめてのドイツ語でしたのでとても緊張したのを覚えています。

ただ、こちらの人は例え間違えても優しく訂正してくれるし、間違えること自体悪くないよという感じで接してくれるのでとてもやりやすかったですね

日本だと自分は発言しないくせに、間違ったことを言うと影でブツブツ言いますからね。本当に良くない国民性かなと思います。間違って何が悪い!殻を破ろう!

そんなこんなでドイツ語の授業がスタートしていきました。

自己紹介の後は、簡単な疑問文を教えてくれたり、ドイツ語の数字を教えてくださりとても有意義な時間だったかなと思います。

ちなみに先生はドイツ人ではなく、オーストリアの方でしたね。とても優しい先生でした。

外国語レッスン

外国語レッスン

ドイツ語学校で、休憩中は何をすべきか?

授業自体はとてもハードなので、休憩中、自分はボーッとしていることが多かったですね。

ただ、せっかくなのでクラスメイトとドイツ語で話して仲良くするのが一番いいかなと感じます。

一番良くないのは日本人同士で固まって日本語で話してしまうことですかね。ドイツ語留学の意味がなくなってしまうと思うので、少なくとも語学学校では日本語を使わないように努力すると良いかなと思います。

まあだからといって日本人を無視するのも感じ悪いですが。。そういう場合、語学学校が終わった後に夕食でも食べましょうというのがいいですかね。外国での日本語はオアシスですので笑

コーヒーブレイク

コーヒーブレイク

こちらの記事は以下のyoutudeでも取り扱っています。ぜひ合わせてごらんください。

少しでも参考になればと思います。みなさんも語学留学是非してみてくださいね!

 

コメント

  1. 可児でゴルフやり隊 より:

    「間違って何が悪い!殻を破ろう!」
    かっこいいです!!

  2. 味噌カツ大好き! より:

    イラン、韓国、タイ、、、様々な国からドイツに集っているのですね(^^)

    ドイツ語の授業で知り合った初対面の方に対して、
    自己紹介の次に話す話題って、だいたい決まってますか??(^^)
    鉄板の話題があったら是非教えてください(^^)

    • ドイツ 太郎 ドイツ 太郎 より:

      日本から来たと言った後は、日本食の話が多いですかね。後はアニメとか漫画の話も鉄板です。今度まとめてみますね

  3. 人気ブログランキングから来ました! より:

    Ich heissse 〜
    「Ich」が1チャンネルに見えて、NHKを連想してしまうのは私だけでしょうか?笑笑

タイトルとURLをコピーしました