[ドイツ在住者が語る]ドイツでのドイツ語資格A1やB2って何?

ドイツ留学、お仕事

[ドイツ在住者が語る]ドイツでのドイツ語資格A1やB2って何?

みなさん、こんにちはドイツ太郎です。

本日は、ドイツ語の資格のランクについて説明します。日本では、ドイツ語検定1級とか2級に値する資格ですが、ドイツ含めヨーロッパではA1やC2と表します。それでは以下の項目に分けて説明したいと思います。

外国人との会話

外国人との会話

A1やC2のレベルについて

ヨーロッパでは言語の習得レベルをA1などと表します。ランクは6段階に分かれていて、A1, A2, B1, B2, C1, C2で、C2が一番レベルが高く、いわゆるネイティブのランクです。例えば私達は日本語のレベルはC2ですね。ランクについてざっくりまとめると以下のようになるようです。

A1: ドイツ語で簡単な自己紹介ができ、お買い物など日常生活を送る上での簡単なコミュニケーションができる

A2: 日常的に使う言葉の文や表現を理解し、コミュニケーションできる

B1: 標準ドイツ語を理解し、ドイツ旅行で出くわすすべての状況に対応できる。

B2: ドイツ語ネイティブの人に対して問題なくコミュニケーションできる

C1: 明瞭かつなめらかにドイツ語を話すことができ、専門な内容についても議論できる

C2: ドイツ語を母国語とする人と同等のレベル

外国語レッスン

外国語レッスン

ドイツで働いたり、大学に通うためにはどの資格が必要?

外国語でC2のランクの資格を得ることは非常に難しく、ドイツでドイツ語の先生として働きたいという希望がない限りC2の資格は必要ないです。私の周りのドイツ人以外の方でもC1が最高で、ドイツ語の先生以外でC2を持っている方はお会いしたことがないです。

資格についてですが、就労ビザや大学入学したい人によって必要なレベルは異なります。ドイツの大学に入学したい場合、C1のレベルが必要だそうです。大学の授業も専門的な内容がすべてドイツ語で行われるのでC1は最低限必要かなと感じます。

また、薬剤師などの国家資格を持っている方も、ドイツで薬剤師として働くにはC1が必要らしいです。ハードルは高いですね。仕事によってはB2レベルのドイツ語が必要だったりするのでドイツ語の勉強をがんばりましょう!

ただ、私は会社では英語を主に使っており、それを会社が推奨しているので就労の際にドイツ語のレベルは求められませんでした。よかった、よかった。

ちなみに私は現在ドイツ語コースに毎週通っており、B2のコースを受けています。

ドイツ語の勉強

ドイツ語の勉強

ドイツ語コースについて

ドイツ語の資格はA1やA2とわかれていますが、ドイツ語のコースではA1.1やA1.2というように更に細かく分かれています。ドイツ語コースで一番有名なゲーテインシチチュート(日本にも東京都大阪にあります。)では85時間でワンランク上る感じです。

毎日行う短期集中コースなら一ヶ月、週一度のレギュラーコースなら半年で一つ上がるイメージです。ですのでA1からA2に上がるためにはA1.1とA1.2をそれぞれ85時間受けて計170時間授業を受ければ上がっていきます。(もちろん最後の授業でテストがあり、落ちれば在留ですが。。) 

私は現在B2.2の授業を受けていますが、B2に入ってからとても苦労しています。B1までは文法が中心で日本人が得意とするところなのですが、B2以上は議論、討論が中心で正直置いていかれています。試験的にもB2は難しいらしく、B2だけB2.3まで設けている学校もあるようです。早くB2終わりたいなー。

ネイティブとの会話

ネイティブとの会話

ドイツ語コースはドイツ語?

ドイツ語コースはA1.1の初めのうちは英語で行われますが、A1.1の途中からドイツ語にシフトします。A1までは質問等は英語も許されますが、A2以降は英語を話していると注意されます。

ドイツ語をドイツ語で説明するのです。海外ではこれが当たり前で、日本のように英語の授業を日本語で行うことは考えられません。生徒の人数も10人程度で発言の回数も多いです。授業中黙っているということは殆ど無いですね。ドイツ語のスピーキングやリスニングを鍛えるにはとてもいいですよ。

 

以上ドイツ語のレベルや語学学校について説明しました。日本にもドイツ語語学学校はあるのでぜひ活用してみてください。大事なことはドイツ語をドイツ語で理解・説明できるようになることだと思います。

こちらの記事は以下のyoutubeでも説明していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

それではドイツ語がんばりましょう!

 

コメント

  1. NEO昂 より:

    リーディングやライティングよりも、スピーキングがめっちゃ多そうですね!笑

  2. 今日ダ陽太 より:

    以前のブログ記事で紹介してくださったドイツ語10フレーズから覚え始めてみますね!

  3. ビシ江戸 より:

    ドイツ語を習得していく上で、周りに日本人が少なかったり、ご苦労されることが多いかと思います。
    その中で、ドイツ太郎さんご自身の心の支えになっているものがあれば是非、教えてください!

    • ドイツ 太郎 ドイツ 太郎 より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りで周りに日本人がいないと困ることが多く、日本に帰りたくなるときも多々ありました。
      ただ、今はドイツからでも日本にスカイプやラインで無料で簡単に電話できるので、寂しいときは日本の友達に連絡したりして心の拠り所としていますね。

タイトルとURLをコピーしました