ドイツ在住者が語るドイツの風呂・トイレ事情~ドイツの公衆トイレは有料?~

ドイツ旅行

ドイツ在住者が語るドイツの風呂・トイレ事情~ドイツの公衆トイレは有料?~

こんにちはドイツ太郎です。

本日はドイツの風呂・トイレ事情についてお話ししたいと思います。ドイツに来て改めて日本の風呂・トイレは綺麗で最高だなーと感じます。それでは以下の項目に分けて説明していきたいと思います。

ドイツのトイレについて

日本と違い、ドイツのトイレは街中で探すのがとても大変です。ドイツには24時間空いているコンビニと言うものがなく、街中で使えるトイレはレストランのトイレ位です。ただしレストランを利用するか、トイレだけ貸してもらためには1ユーロをチップとして払わなければいけません。

駅にもトイレはありますが、こちらも有料です。昔は公園などに無料のトイレがあったらしいですが、衛生環境が非常に悪い上、治安面も良くないため廃止されたみたいです。

ドイツは夏でも乾燥していて、外にいても汗をたくさんかくことは少ないので水を飲む量を控えると良いです。ドイツ人はそのせいもあってかトイレに行く回数が少なく感じます。

日本からドイツに飛行機に乗る時に、窓際にドイツ男性が座っていたのですが、12時間で一回もトイレにいかなかったですね。驚きです。

また、男子用トイレですがドイツ人は身長が高く、足も長いので私のようなアジア人は背伸びしながらやらなければならず少し大変です。トイレ自体も日本ほど綺麗ではありません。

トイレ

トイレ

やっぱり日本のトイレは最高

ドイツ人が日本に来るときに感動することの1つとして便座が暖かいことと、ウォシュレットらしいです。

私も今では日本の暖かい便座は恋い焦がれています。笑  家でもユニットバスが当たり前で個室のトイレはほとんど見たことありません。日本のトイレは改めて最高だと感じますね。

トイレ

トイレ

ドイツのお風呂について

ドイツではバスタブがある部屋は珍しく、基本シャワーで済ませるのが当たり前です。バスタブ付きの部屋もありますが、日本のバスタブよりも浅く、また大きいためすぐにお湯が冷めてしまいます。

また建物の構造上カビが生えやすくなっており、毎日お風呂に入っているとすぐカビだらけになってしまいます。バスタブがある家でも週に1度入るか入らないか位が当たり前のようです。

ドイツでは皆さんシャワーを浴びますが時間はとても短く感じます。ドイツはとても乾燥しているので軽くシャワーを浴びる程度にし、肌が乾燥しないようにしているようです。中には2,3日に1度しか入らないと言う方も珍しくありません。

またドイツでは夜10時以降うるさくしてはいけないと言う条例があるため、10時以降シャワーを浴びていると場合によっては下の階の人たちから文句を言われ、最悪の場合警察を呼ばれる可能性もありますのでご注意ください

シャワー

シャワー

ドイツの公衆温泉・サウナについて

ドイツにも温泉はありますが、数がかなり限られています。また温泉といっても水着着用でぬるい温泉ばかりです。(温水プールと言った感じですね。) ドイツでは冬に体を温めたい場合はサウナに入るのが通常です。

日本で言う温泉はドイツで言うサウナだと思います。サウナ内は温度も心地よく、種類も多彩なのでドイツのサウナは快適です。また場所によっては混浴でもあります。ドイツの温泉はバーデンバーデンと言う街が有名みたいですので今度行ってみたいと思います。その際はこちらのブログでも報告したいと思います。

サウナ

サウナ

こちらの記事は以下のyoutubeでも取り上げています。是非合わせてご覧ください。

それでは良いドイツ生活を!

 

コメント

  1. アレックス(強肩センター) より:

    にほんブログ村にアクセスしました!ランキング上昇中ですね(^^)

タイトルとURLをコピーしました